BLOG

workout for nursing

介護予防の運動 » あざみ野・たまプラーザ・市ヶ尾近く江田のパーソナル

人生100年と言われる世の中で、自分自身の健康と長生きを望むのはもちろんのこと、多くの方がご家族や大切なパートナーの健康と長生きも望んでいることと思います。


2019年(令和元年)の厚生労働省の発表では、要介護の前段階と言える要支援になる原因としては、関節疾患、高齢による衰弱、骨折・転倒の順となっています。

深刻度が増す要介護となる原因としては、認知症、脳血管疾患、骨折・転倒となっています。

要支援の中でも、骨折を除く他すべてが、医師の判断のもと、運動によって予防ができる、もしくは予防ができる可能性があるものと言えます。

また、要介護の原因の1位である認知症も、適度な運動、趣味活動や社会活動の一環として、ジムで運動することは予防という面でも無駄にはならないでしょう。

脳血管疾患は遺伝性の面もありますが、運動不足や食生活、その他生活習慣をより良いものに変えることができれば、予防ができる可能性があると言えます。

ジムでの運動をすれば要支援や要介護にならないというわけではありません。

しかし、継続した運動をすることによる医学的効果は様々あり、運動によってこれらの発生を遅らせることは可能だと考えています。

Blog insert16

かかりつけの医師がいる場合は、医師の判断が大前提となりますが、EDA GYMが具体的に取り組む運動としては、生活の中で実際に起こり得る動作を鍛えるというものです。

例えば…

しゃがむ / 立ち上がる
段差を登る / 段差を降りる
物を持つ / 物を下ろす
物を運ぶ
などが挙げられます。

こういった日常生活で起こり得る動作を、ジムでの運動において日常生活よりも「ちょっとだけキツい」程度で鍛えることで、筋肉が付き日常生活がより楽に行えるようになります。

自分自身の健康寿命を伸ばしたい!家族や大切な人の健康寿命を伸ばしたい!こういったニーズに応えることもフィットネスクラブが担う一つの役割です。

特にコロナの影響でなかなか人が集まる施設に行きにくくなった昨今、密になる心配もなく、完全マンツーマンでできるジムは安心して利用できるという面があります。

また、施設目の前に無料駐車場もございます。

あざみ野、たまプラーザ、市ヶ尾など、江田まではちょっと遠いな、という方でもお車でお気軽にお越しいただけます

将来の健康に不安がある方や、まだまだ現役でいたいという方は、ぜひ一度当ジムの無料体験をお申し込みください。

Blog insert17

なお、当ジムは医療機関・デイサービス等ではございません

既に要支援や要介護の認定を受けられた方は、市区町村の窓口にお問い合わせの上、所定のサービスをお申し込みください。

また、厚生労働省の定める「健康寿命延伸産業分野における新事業活動のガイドライン」を遵守した活動をしております。

既に病院にかかっている方は、必ず医師にフィットネスクラブでの運動の可否を確認してください。

医師の診断、運動/栄養に関する指導内容をこちらにご提供いただいた上で、その範囲内にてサポートをさせていただきます。

詳しくはこちらより厚生労働省のHPをご確認ください。



当ジムのご予約やお問い合わせはこちらより受け付けております。

関連記事

  1. exercise after vaccine
  2. what's the proper breathing
  3. getting fat during pandemic
  4. more diversity in gym
  5. how to make a workout menu
  6. what's the fasting 2
PAGE TOP